2018年3月

1/3ページ

漫画の主人公と自分を相対比較して諦めを蓄積、そんなときこそ変化のタイミングです。

あなたには好きな漫画はありますか?大人になっても漫画が好きな人はいるでしょうし、子供の頃は今以上に好きだった人もいるでしょう。 私もワンピースのルフィの生き方は大好きでしたし、今でも大好きです。彼は敵であっても仲間にしてしまいますし、いろんなタイプの人を仲間にするのがとてもうまいです。私は子供の頃からワンピースが大好きでした。 漫画が好きな人は一度や二度、「こんな主人公のような生き方がしたい!こん […]

人工知能(AI)が提供してくれる出会いに頼り切って、本当の人間に出会いましょう

AIを超えるGI創造者、よしじゅんです。 いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。 今日のテーマは「人工知能(AI)×出会い」です。 空前の婚活ブーム このブログを読まれているあなた、彼女が欲しいと思ったことはないでしょうか? 最近よく聞く話として、「婚活」という言葉があります。これは独身の男女で結婚をしたい人たちがよい出会いを求めて「婚活パーティー」や「街コン」などの場所へ行ったり、 […]

日常で役に立たない自己啓発本、たくさん読んで成功しよう!

このブログを読んでいるみなさん、本屋に行ったとき、あるいはAmazonで自己啓発本を買うこと、ありませんか?1冊くらいは本屋で衝動買いしたことはないでしょうか。 自己啓発本とは何かについては、こちらをご覧ください。 私のクライアントにこういう方がいました。元銭さん(仮名)という男性です。 元銭さんは「仕事でうまくいかないときや休日に本屋へ立ち寄ると、つい自己啓発本を衝動買いしてしまう人」でした。 […]

人に認めてもらえなさすぎて気づいた、自己絶対肯定の意味・価値

以前こちらの記事に、「ほめげー」というゲームとの出会いを通して、強烈な「人に認めてもらいたい!でも絶対人には認めてもらえない。」という無意識に気づいたことを書きました。 以下はあくまでも私が体験・経験してきたことから思ったことですので、私の両親や小さい頃周りにいた人たちがどう認識していたか?については別の話だという大前提でお伝えします。 私は小さい頃から、大人になるまで「全くといって自分自身に存在 […]

システムエンジニア時代には難しかった「言語の壁」を超える道がみえた話

人類500万年の間で最大の発明は何だと思いますか?飛行機?人工知能? 実は最大の発明は「言語」です。 普段生活する中では当たり前過ぎて特に意識することもないでしょう。しかし、あなた自身の日常生活もあなたの周りの方の生活も、言語なしでは成り立ちません。 言語にはいくつか種類があります。一番イメージしやすいのは日本語や英語といった「自然言語」です。人と人とがコミュニケーションするときによく使う言語でも […]

「貯金=正しい、借金=悪い」その発想が逆転したとき、真の変化がスタートします。

ここ最近のゼロ金利政策で減ってきているかもしれませんが、あなたはコツコツ貯金する節約タイプでしょうか? 私はもともと、かなりの節約タイプでした。新入社員のとき、会社の寮に入っていたのもあったかもしれませんが、特に意識することもなく、1年で100万円も貯まっていました。 ①モノをほとんど買わない。 ②外食をあまりしない。 ③遊びにもいかない。 ④趣味にお金をかけない。 書いてみて気づきましたが、ただ […]

顧客からのプレッシャーに押しつぶされそうなとき、まずは視野を広げましょう

あなたは仕事をしていて、顧客と接する機会はあるでしょうか。 私はもともとシステムエンジニアをしていて、よく顧客とやりとりをすることがありました。 仕事の中で一番のストレスでもある部分でした。 システムをつくったり、自分の作業に没頭しているときはいいのですが、それを一番評価されるタイミングでもあるからです。 顧客が要求する品質になっていなければ、相手にもよりますが、かなりきついことを言われることもあ […]

上司がむかついて仕方ない、そんなときは上司と仲良くなるチャンスです。

仕事をしている中でのあるある話、それが上司との折り合いが悪いことではないでしょうか。 年代も価値観も育った環境も全く違う赤の他人同士であるわけですから、価値観も全く違うでしょう。 友達でも家族でもありません。たまに飲みにはいくかもしれませんが、それも嫌々ながらではないでしょうか。飲み会でも過去の自慢話や仕事の愚痴、しょうもないテレビの話をされ、聞くのもストレスです。 あなたと上司は、ただ同じタイミ […]

自分の感情に無関心だったことによって気づくことができた、人間本来の感情

私が認識技術と出会ったころのことです。 よく「感情マヒ系」と呼ばれていました。 これは自分の感情を認識したり、感情を出さないタイプの総称です。 実際、認識技術と出会う前は、「そもそも感情って何?おいしいの?」くらい、自分の感情には無頓着でした。感情に向き合うよりもコンピュータと向き合うことの時間の方が圧倒的に長く、逆に自分のことや自分の過去のことなんて考える意味がまったくわかりませんでした。過去の […]

全てがめんどくさくてしょうがない、そんな無気力さを感じたときが新しいスタート

日常生活や仕事のとき、趣味をしているとき、どのようなことをしているときにもですが、全てがめんどくさくて、何もやる気がしないとき、ありませんか? 私もかつてそうでした。 朝起きるのも、ご飯を食べるのも、歩いて駅に向かうのも、満員電車に乗って会社へ向かうのも、駅から会社へ向かうのも、働いている間も、仕事で疲れて家へ帰るのも、全てがめんどくさくて、でもやらないといけないから惰性でやっている、そんなタイプ […]

1 3