公開日:

【2分で読める】「人との会話に疲れる」を解消するための処方箋とは

【2分で読める】「人との会話に疲れる」を解消するための処方箋とは

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

AIを超えるGI創造者、よしじゅんです。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

今日のテーマは「人との会話に疲れる」です。

人との会話に疲れる

今までの人生で「人との会話に疲れる」という経験をしたことはないでしょうか。

家族、友達、職場の同僚、お客さん、日々、いろいろな人との会話をすることはあるでしょう。

疲れる原因はシンプルです。それは

自己内にある矛盾

です。

例えば、相手と会話をしていて、本当は反対意見であるのに、それを隠して「うんうん」と笑顔で頷いていることはないでしょうか。

この場合、感情レベルでは「不快」を感じているのにも関わらず、考えレベルでは「賛同」という、感情と考えに不一致を起こしています。

この考えと感情の不一致こそが疲れる原因です。

自分の好きなことをやりたい

相手の話に合わせて、自らの感情を隠している現象の裏にあるのは、「相手の話に反対すると、相手を不快にさせてしまうのではないか。」という懸念ではないでしょうか。

それはある意味での思い込みです。もしかしたら、言われて傷つくかもしれませんが、その時どうするかまた考えればよいのです。

相手の話に合わせることなく、自分が好きな話題を話したり、相手の話に反対意見をぶつけてもよいのです。

関係性の進化に繋がる

相手の話にただただ「うんうん」と頷いていたら、相手に新しい気づきがもたらされることは少ないでしょう。

反対意見をぶつけたり、相手に質問をしてみることによって、相手は今まで考えたことがなかったことに気づきます。

聞かれたことがない質問をされることによって、相手にも新たな気づきがありますし、自分も相手の知らない一面を知ることができます。

結果的に自分と相手の関係性の進化に繋がります。

ワクワクの交流

関係性さえ強固にできていれば、そこから新たに生まれてくるものがあります。

建前の交流を続けることによって、お互いの我慢が蓄積していくことはとても危険です。

何でも言い合えることができる関係性によってこそ、交流の次元も変わり、生成されるものも変わるのです。

人との会話を、疲れるものではなく、ワクワクの交流にするために必要なことは「自己内の矛盾」を解消することです。

そのために道具となるのが認識テクノロジー(nTech)です。