公開日:

「転職したい、でも。。」そろそろできない理由探しから卒業しませんか?

「転職したい、でも。。」そろそろできない理由探しから卒業しませんか?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

転職したい、でも。。。

システムエンジニアとして仕事をしていて、一度や二度は転職を考えたことはないでしょうか。

  • 今の仕事が簡単すぎてやりがいがない。
  • 人の役に立っている感じがしない。
  • 給料が安い。
  • etc…

いろいろと理由はありますが、とにかく今の仕事から一歩先を行く仕事をしたい、そう思っているあなたがいるのではないでしょうか。

そこで転職を考えだすわけですが、「転職」というワードを頭に思い描いただけで、瞬間的に出てくる考えがあります。それが、

「自分なんて、経験も能力も技術も大したことないし、転職できるのだろうか。。」

とにかく自己価値が低いのです。

周りからいくら「経験も能力も技術も低くないよ」と言われようが、それを認めることができません。

自分に対しては自信が無いのですが、同時に「できない自分」に対しては自信満々でもあります。

とにかく自信が無いので、転職に踏み切れないのです。同じような悩みを抱えたSEは多いです。

「自分に自信を持ちたい!」

そう思い、どうにかしようと行動に移します。

悩みを他人に対して相談するという概念がないあなたは、まず自分で考えてみます。しかし、それでは答えが出ないのもあり、Google先生に聞いてみます。

検索ワードは「SE 自信が無い」

そこにはたくさんの同じような悩みが書かれていました。

しかし、いろいろ読んではみるものの、「これだ!」と思える解決策には出会えません。

どのページにも「こうしたらいいよ。」というアドバイスは載っているものの、そのアドバイスに対してしっくりこないのです。

勇気を出してお悩み相談に書き込んでみたりもしますが、それに対する回答も期待に沿うものではありませんでした。

なぜアドバイスがしっくりこない?

では、なぜいろいろなアドバイスをされたとしても、自分にはしっくりこないのでしょうか。

それはシンプルに言うと

「自分に自信がないこと。自己価値が低いこと。」

です。どんなアドバイスをされようが、それを読む自分の価値が低すぎて、「いやー、そんなこと言っても、でもね。。」とすぐできない理由の方を探してしまうのです。

本質的な解決策

やり方レベルの解決策であれば、インターネット上にはいくらでもありました。

でもやり方はやり方単独では存在しません。その前段階として、

「どんな思い方でそのやり方を考えるのか?」

「どんな在り方(自分自身をどう思うのか)から思い方・やり方を考えるのか?」

が必ずあります。

「在り方・思い方・やり方」この3つをセットで考えてみることが重要です。

どんな未来を希望しますか?

あなたが理想の「在り方・思い方・やり方」の3つを手に入れたと仮定しましょう。

最初のあなたのお悩みは「転職に踏み切れないこと。」でした。

ですが、今やあなたは自分の在り方(生き方)が定まっているので、どの企業に行こうが関係ありません。その場を100%以上楽しむことができるようになっています。

すでに転職するかしないか、という悩みの次元ではなくなっているのです。

「もっと自分の可能性を活かしたい。そのような環境はないだろうか。」

こういう別の悩みが出てくるはずです。

まずここから始めましょう

なぜ自己価値が低いのか、それを知ることからがスタートです。

そのためにもまずは自分の在り方・思い方の根っこには何があるのだろうか?そこを知ることからスタートするとよいでしょう。

ぜひ共に考えていきたいです。

自分の在り方・思い方に興味がある方、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください!