公開日: 更新日:

仕事に疲れすぎて、非現実に居場所を求めることで、現実の成功も手に入れよう!

仕事に疲れすぎて、非現実に居場所を求めることで、現実の成功も手に入れよう!

仕事に疲れたときあるある

社会人であれば、一度や二度は仕事で疲れ果ててしまったことはないでしょうか。私も何度となくありました。仕事のストレス・プレッシャー・人間関係など、さまざまな場面で嫌な思いをすることがあるでしょう。

そのような状況でふと仕事から離れたとき、現実からかけ離れた、非現実のところに逃げ場を求めたいと思うのも仕方がないことかもしれません。

非現実の体験・経験

あなたはいろいろな手段・方法を使って現実の仕事を忘れようとしたことでしょう。

例えば、

・泥酔するまでお酒を呑む

・映画の主人公に憧れる

・アニメの主人公に憧れる

・スポーツに没頭する

・仕事関連以外の人と仲良くなろうとする

・仕事以外のコミュニティをつくる

といったものです。

しかし、いろいろとチャレンジしてみて一時的には非現実の世界で安心を得られたとしても、それがずっと続くわけではありません。いざ、仕事という現実に戻ると再びストレスにまみれた日常が待っているわけです。

現実が嫌になる原因はどこに?

現実と非現実をいったりきたりすることを通して、あなたは非現実という理想へいけばいくほど、そこと現実との格差を感じて、より現実の仕事が嫌になっていきます。

仕事を辞めたくもなりますが、辞めるとお金がもらえず生活ができないという不安も同時に襲ってきます。これはジレンマですね。

非現実へ行こうとすればするほど、現実でも非現実、どちらにも絶対的な安心はありません。そう思ってしまう自分はなぜできあがったのか?、そう思わない方法はないのか?ベクトルが自分自身に向きます。

変化の仕組みを知ること

今までずっと外の変化ばかりに目を向けてきましたが、どうやっても最終的に自分に関心を向けざるを得ない状況がやってきました。しかし、自分を知るには何が必要なのか、その

「変化の仕組み」

がわかりません。今までの学校教育の世界に、その答えはないのです。

変化の仕組みを知って、本質的な変化をしたい、現実も非現実も両方楽しみたい、そう思っている方はぜひnTechに関心を持っていただきたいです。