認識技術

11/11ページ

全体像が理解できることの価値

私がシステムエンジニアをしているとき、常に難しかったことがありました。 それは「システムの全体像を理解すること。」です。ここでいう「システム」とはスマホに入っているアプリのように、何かしらのインプット(文字入力など)に対してアウトプット(画面表示など)が行われるもの、くらいで理解してください。 システムの開発は小規模から大規模まで、本当に幅広いです。1人で開発を行うような小さなシステムであれば全体 […]

自分に自信がない日本人

私がかつてそうだったのですが、日常的に人と会って話していると気づくことがあります。 それは「自分に自信がない日本人の多さ」です。 かくいう私も認識技術と出会う前は、「自信がないことに対して」自信を持っていました(笑) 最近、企業の社長と会っても「自信のない社員が多い」という話を聞くことがあります。 社長ほどのポジションに立つ人たちは、苦労も積み重ねてきた人たちばかりですから、努力しない人、できない […]

感情がマヒしている自分との出会いを通して気づいたこと

私が認識技術と出会うキッカケとなった友達と話していた時のことです。 友達:「よしじゅんって感情があまり出ないよね。たまに何を考えているのか分からないときがあるよ。」 よしじゅん:「え?そうなの?表現していたつもりだったけど。。」 当時は完全に無自覚でした(笑) 高校くらいからあまり怒ったり笑ったり喜んだり悲しんだり、という感情の起伏がそれほどないタイプではあったな、と振り返ってみれば思いました。 […]

無意識エンジンが人生へ及ぼす影響

無意識エンジンとは、人間の考え・感情・言葉・行動・人間関係、つまり人生における「全て」に一番影響を及ぼすものです。これを知らずに人生を過ごすことは、地図とコンパスなしでジャングルの密林から抜け出すくらい、人生が困難だらけになるでしょう。 無意識エンジンは「0~12才の間の感情レベルのショック事件」によってつくられます。 「自分なんてどうせ〇〇な人間なんだ!」というブレーキと、「△△な自分になりたい […]

学校教育について

私の両親は2人とも教師でした。 子供の頃、初めて知った職業は教師でしたので、幼心に自分は教師になるものだと思っていました。 子供にとって、一番初めに認識する「仕事をしている大人」は両親であることが多いでしょう。私も両親を見て「教師」という職業を認識し、自分も教師になりたいと思うようになりました。 しかし、ほどなくしてその夢はあっさりと崩れ去ります。 理由はシンプルです。父親が、毎日のように仕事で帰 […]

Profile

自己紹介 このブログ(AIを超えるGI創造者)の運営をしている、よしじゅんです。 私は今、「Ninshiki Technology(nTech、認識技術)」という新技術を活用した仕事(イベント企画・運営、コンサルティング、次世代SNS3.0アプリ開発など)を行っています。また、Re・rise協会という、一般社団法人の立ち上げにも関わっています。 いきなりですが、あなたは人と人とが完ぺきに分かり合え […]

双子での相対比較と人間関係

私は男3人兄弟の真ん中、正確には2つ上の兄、私、双子の弟、という構成です。 小さい頃は3人とも仲良しだったそうですが、ある時期を境によくケンカをするようになったことを覚えています。特にその対象は双子の弟であることが多かったです。生まれてからずっと、自分の隣には弟がいて、親も周りの大人も友達も学校の先生も、みんなが双子のカタワレとして見てくることに対してものすごく抵抗がありました。 「双子のカタワレ […]

人間の意識と無意識が生まれる仕組みを活用した生き方へ

みなさんは普段、自らの表情や言葉、行動がどこからどのような仕組みによって生まれるか意識していますか? おそらく意識していない人がほとんどでしょう。 意識していてもしていなくても、この質問にはどう答えるでしょうか? 「あなたの意識はどこから、どのようにして生まれますか?」 意識は意識ではないもの(ここでは「無意識」としましょう)から生まれています。 では無意識とはどこから生まれるのでしょう? この問 […]

1 11